ALOHA!!

ハワイ料理に欠かせないアロハ醤油。アロハ醤油は、ハワイの家庭の味としてローカルの間ではすっかりおなじみです。アロハ醤油は、ハワイで生まれた醤油です。ハワイのスーパーでは、日本の醤油もたくさん販売されていますが、ハワイのロコが使うのはアロハ醤油ばかり。アロハ醤油は、ロコに愛され続けています。
ロコの大好物、アヒポキをはじめとして、モチコチキン、ロコモコ、サイミンやスパムおにぎり等のハワイ料理にはアロハ醤油が欠かせません。
アロハ醤油の特徴は、その独特の味のみならず、その名前やデザインです。日本とハワイが融合した名前とデザインは、とても特徴的です。 日本人が大好きなハワイ。そして、ハワイ料理に欠かせないアロハ醤油。アロハ醤油を語らずして、ハワイを語ることはできません。
アロハ醤油は、ハワイアン航空の機内食調味料として、またハワイのマクドナルドの調味料として、日本人にもなじみの深い醤油です、ハワイのお土産として持ち帰る日本人旅行客も多くいます。 アロハ醤油は、ハワイ通の日本人の間で、話題になっている商品のひとつです。

アロハ醤油とは?

アロハ醤油は、第二次世界大戦後の1946年に5組の日系人家族による小さな醤油製造工場としてスタートしました。 通常、英語で醤油のことをSOY SAURCEといいますが、ハワイでは醤油のことをSHOYUと呼びます。ALOHA SHOYUは、ハワイの醤油として独自に進化し、今ではハワイナンバー1の醤油となりました。

アロハ醤油では、アメリカ醤油のリーディングカンパニーのひとつとして毎日2万リットル以上が生産され、 ハワイのみならずアメリカ全土で販売されています。 アロハ醤油は、ハワイ料理の調味料として使われるのはもちろんのこと、ライスにかけたり、ハワイ料理にかけたり、ハワイの食卓やレストランで欠かせない調味料となっています。

アロハ醤油は、日本の醤油と近い味がしますが、日本の醤油より甘みとコクがあるのが特徴です。​